絶滅の恐れがあるジュゴン


ジュゴンとは、哺乳綱カイギュウ目ジュゴン科ジュゴン属に分類される哺乳類で、沖縄県の天然記念物に認定されています。
ジュゴンは、世界の30以上の国々で生息しており、推定では約10万頭いるとされていますが、沖縄に生息しているジュゴンの数は50頭以下と推測されています。

絶滅危惧IA類

ジュゴンは天然記念物にも認定されていますが、「絶滅危惧IA類」にも指定されています。
「絶滅危惧IA類」とは、最も絶滅の恐れがある動物に対して指定されるものです。
ジュゴンが指定されていることから、この危機的状況を計り知れるかと思います。
沖縄に生息しているジュゴンは、世界の分布の中でも北限で生きているとても貴重な群れでもあります。

人魚のモデル

ジュゴンは、とても神経質な生き物なので飼育は非常に難しいとされております。
世界でも4か所の施設で5頭だけが飼育されているそうです。
人魚のモデルにもなったと言われているジュゴンですが、その理由の一つには、ひれ状の前肢で子供を抱いて、立った形で海上に浮いているからだとも言われています。
また、ジュゴンには人間と同じように胸ビレの付け根に2つの乳頭があります。

絶滅の危機

見た目の可愛らしさや、私達人間と共通する点もある為親近感がある生き物ですので、ジュゴンに限らずこれ以上絶滅の危機にさらされている動物達に私達一人一人が気を付けて守り続けて行きたいものです。

絶滅の恐れがあるジュゴン

絶滅の恐れがあるジュゴン